蓬  莱
天保末頃か

作曲 四代目 杵屋六三郎
[前弾]〈二上り〉 
うららかな 日の色そみて木の間にも 葉毎の花の綾錦 
重ねし縫の伊達模様 着つつ馴れにし山姫は 人の眺めの迷ひぐさ 
結びかねたる空どけは いっそ浮気なそよ風や うらみて煙る塩竈は 胸に焚く火の消えかぬる 
エエ何とせう 仇し仇浪寄せては返す岩枕 浮名はぱっと立つ鳥の 塒を慕ふ恋の山 

〈本調子〉 
萩の白露 おきふしつらき 色と香の しげりてふかき床のうち 
今朝の別れに袖濡らす しょんがえ 招く芒はいたづらものよ 女郎花 あぢな気になる花の色 
さめぬ桔梗の可愛ゆらし しょんがえ うつつなや 眺め尽きせぬ殿づくり 実に蓬莱を見あぐれば 
高き調べの松が枝に 琴弾くような鶴の足どり