梅 の 栄
明治三年(1870)
作詞 三代目 杵屋正次郎
作曲 三代目 杵屋正次郎
〈本調子〉 
鶏が啼く 花の東に立つ春の 明けて目出度き島台は 富士と筑波にたとえにし 
遠近やまも白妙や まだ深からぬ春の日に 残んの雪の解けそめて 空も長閑にそよそよと 
旭も匂ふ梅が風 四方にわたりて軒端もる 屠蘇の香りや梅も咲け 
彼潯陽に伝へ聞く 猩々舞にあらねども さす手引く手の盃に

〈二上り〉 
ほのめく色のとも移り 薄紅梅の酔心 開く扇の末広や 声も豊かに四海波 
しづけき御代に鴬の いつか来啼きて花の笑み にこ羽子のこの数々も ひとふた三重の初霞 
曵くや柳の糸竹も 長き齢は鶴亀や 変わらぬ色は松竹に 千代の声添ふ喜三が春 
梅の栄と世に広く 三つの緒琴に祝すひとふし


■長唄「梅の栄」メモ

三代目杵屋正治郎の作詞作曲で、
岡安喜三梅と自分の結婚を祝った曲とも、岡安喜三郎の正月お浚いの時の作曲とも伝えられます。
歌詞には「立つ春の明けて」「屠蘇」「羽子のこ」「初霞」など新年を表す言葉が多用されているので、
初春の曲とするのが妥当のようです。
その一方で「島台」「四海波」などは婚礼と新年の両方を示唆する言葉であり、
正治郎は初春を祝う歌詞の裏側に、喜三梅との婚礼もうまく詠みこんだのだと思います。
短い曲に4回も「梅」という言葉を詠みこんでいるのは、やはり喜三梅との婚礼を意識しているからでしょう。
とはいえ、梅は言葉遊びのためだけに用いられているわけではありません。
和歌では主に香りを賞賛される梅ですが、この唄は香りに限らず、ほのかな色合いや咲き開いた愛らしい姿など、
梅の魅力を余すところなく表現しています。
春を迎える喜び、そして妻を迎える喜び。
聴いていて思わず顔がほころぶような、幸せに満ちた曲です。



【こんなカンジで読んでみました】

「鶏が啼く」と歌われたのは、はるか万葉の昔のこと。
今では花の東となった東京に、春立つ今日のめでたいことよ。……



■「梅の栄」の解説・現代語訳・語句注釈は、

『長唄の世界へようこそ 読んで味わう、長唄入門』(細谷朋子著、春風社刊)

に収録されています。
詳しくは【長唄メモ】トップページをご覧ください。